スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビから見たGID

下腹ぽっこり胃下垂だ

千里です






ある時テレビを見てると、佐藤かよさんとはるな愛さんが共演してた時があった

そこでちょっと思った事を書いてみるね

ちなみに
柄になく真面目な事な上に、かなりなげー記事になっちゃいました
「めんどい」又は「なげーよ!」と思うの方はここで引き返して下さい




佐藤かよさんはテレビでも性同一性障害として紹介され、扱いも女性です

一方、はるな愛さんはオカマか元男って事になってる

はるな愛さんも自信の性に違和感を感じたトランスジェンダーな筈なんだけど…

面白いくらい扱いに差があるね


キャラクターのせいもあるんでしょうけど、二人には実質的な違いがない筈


じゃなんで違うのってゆうと「オカマ」のイメージが作られてるからかと…


個人的にいえば私もオカマとごっちゃされんのは御免です
ちなみに私の思うオカマは「男と違和感なく自覚してて女を楽しんでる人」です


でもこれってテレビからみてるシスジェンダー(GIDではない一般の方)から見たら、違いはないんだと思う



これは仕方ないよね

「何が違うの?」と聞かれて、それにいちいち説明してもしょうもないし
それはただGIDとしての言い分になっちゃう


最近トランスジェンダーへ目を向けられるようになったけど
当事者との壁はこれだけかわってないから

だからってGIDのサポート団体とかが謳ってる「彼ら彼女らを認めなさい」ってのはなんか違う感じがするね


まるっきり見た目が男のMTFを、女として見ろっていってるようなものになる
じゃあその人が女湯に入っても問題ないの?って話


実際、性転換した上で見た目の問題により戸籍変更の申請を認可されなかった方もいるらしい


現実として、気持ちだけじゃどうにもならない事なんだよね



私もパス度は低い方です
だからこそ私は見た目のパスが高い程、周りの理解も深くなると思ってます
あくまで個人的な考えなんだけど…(-.-;)

心の性なんて他人に見えやしないのだから
見た目でなければ周りは認めてくれないうのなら

私はこの人一倍高い身長が恨めしく思えて仕方ないです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。