スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIDと自己性

朝のスキンケアさぼりたい…

千里です






今朝GIDの方の子供の戸籍問題が話題に上がってました


ので、ちょっと気になってた事を書こうかと…




『ぶっちゃけGIDって先天性なわけ?後天性なわけ?』

性同一性障害の言葉がたびたび耳の入るようになった今でも、こんな議論は続いているみたいです

ちなみに、議論をしてる偉い先生方はこんなチャラく言いませんけどね


これ、今は割と先天性だという考え方が多数のようで…


この背景には
「ジョン/ジョアン症例」
の影響が大きくあるんででしょうね


「ジョン/ジョアン症例」
※知らない方のために千里さんが掻い摘んで教えちゃうぞ♪


…キモい等の不快感を覚えた方には深くお詫び申し上げます
若気の至りです



生後まもなく、事故により外性器を失った男児デイヴィッド・ライマー
両親は性科学者ジョン・マネーの勧めもあって性別再判定手術を決定
以後デイヴィッドは女性として生活するが、自身を女性と思うことはなかった

幼いうちに女性として育てられたのにも関わらず、一度たりとも自身を女性と思った事がなかったそうな

この事が原因でGIDは生後の環境に関わらず、先天的なものだというのが主流になった

…という話



私も自分がMTFなのか自信がありません


私の場合、性の違和感をハッキリ覚えたのが高校の時でした

当時、GIDは認知度が低く
私も女性ホルモン剤や性転換手術の存在を知りませんでした

だから「私は男として生きるしか道はない」

そんな事を言い聞かせてしばらく何もせずに暮らしました


でも生活するうちに、男性性としての将来に興味がなくなり自傷行為にはしりました


その後女性ホルモン剤の存在やGIDという言葉を知り、今に至ります


私がただ女性に憧れるなら自傷行為や女性ホルモン剤、ましてや睾丸摘出手術までしなかったと思う


この行動が私の数少ない証明になればと思ってます


同じように自信がない方も、今までの行動を思い返してみたらどうでしょうか…

ただ思ってるだけじゃ行動には移さないと思うから




…たまには真面目な事を書いてみたよ


無い頭使ったから、今日は知恵熱が出そう(-.-;)


今日は気合いで乗り越えます!

ではノシ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。